省エネ・環境への取り組みZEHの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する
情報公開について

ZEH目標公表資料

1・ZEHの周知・普及に向けた具体策


弊社は、太陽と風という自然エネルギーをうまく利用した「自立循環型住宅」の思想を基に、自然風の利用、昼光利用、日射熱の利用、太陽光発電、太陽熱給湯、断熱外皮計画、日射遮蔽手法、冷暖房設備計画、高効率家電機器の導入など、パッシブデザインを軸とした家造りに取り組んできました。それは、住宅におけるエネルギー消費量が年々増加の一途をたどっているからです。しかしながら、その事実をお客様にお伝えし切れていないのが現状です。そこで、問い合わせ顧客や見込客の方々へ年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下となる住宅(ZEH)について、自社のHPやパンフレットを通して広く周知し、お客様とのファーストコンタクトの段階からZEHに関する情報をお伝えして普及に努めてまいります。また、ZEHとZEH以外の住宅性能の違いを明確に提示し、お客様にとってZEH住宅に住むことの優位性をアピールしていきます。

2・ZEHのコストダウンに向けた具体策


「自立循環型住宅」の考えをベースとして、創エネ設備任せに極力しない住宅を基本とします。基本設計段階から敷地、方位、開口部の位置と大きさを検討し、自然風、太陽熱、太陽光といった自然エネルギーを活用したパッシブデザインを取り入れた設計をすることで光熱費を抑える事が、コストダウンに向けて一番大切な事と考えます。断熱材の性能・厚さの検討、サッシの仕様やガラスの選定を行った上で、モデルプランでの外皮計算を行い、コストパフォーマンスの良いベストな組み合わせを選定し、「出来る限り創エネ設備に頼らないZEH」を目指します。流通ルートにおいては、自社の既存取引先との協議だけではコストダウンが厳しい為、新規取引先(建材・住設等の共同購入企業グループ)の傘下に加盟することで流通ルートを見直し、ZEH仕様住宅のコストダウンを図ります。また、ZEHモデルプランを規格化・標準仕様化し、建材メーカーに集中発注することでコストダウンに取り組みます。

3・その他の取り組みなど


今後も、自然エネルギーを活用した商品や省エネルギーの商品が開発されていく中で、新商品・新工法などの情報収集・探求をしていきたいと思います。
単にZEH仕様を満たした断熱性能や創エネルギーだけでなく、通風利用や太陽エネルギー利用など、自然エネルギーを積極的に利用した「自立循環型住宅」の概念を取り入れた家づくりをZEH仕様で行います。お客様に、ZEHは地球環境レベルの対策としてご理解いただけるよう努め、最高品質のZEH仕様住宅を手の届く価格帯でご提供出来るよう努力します。併せて、ZEH関連の講習会や勉強会へ積極的に参加し、ZEHに関する知識・情報を深め、社内勉強会の開催などを通してZEHに関する技術・知識を向上させて参ります。

今後の普及率目標


注文・・・新築注文住宅  建売・・・新築建売住宅  既築・・・既築改修